アセスメント例文

【看護実習に役立つ】ヘンダーソン14項目アセスメント(8)身体を清潔に保ち、身だしなみを整え、皮膚を保護する

投稿日:

ヘンダーソン14項目とは?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-17-04-16

ヘンダーソンとは、人の基本的欲求と基本的看護の構成要素と呼ばれる14の基本的ニードの項目『看護の基本となるもの』を書いた人物のことをいいます。

アセスメント記録を初めて習ったとき、『とにかく書いてみましょう』と言われました。
そういった無から始める力が大事なのかもしれませんが、私は何から書いたら良いのか全くわからず本当に困った記憶があります。

文章構成をイメージする段階で少しでもお役に立てたらと思い、アセスメント例文を書いてみました。

1、正常に呼吸する
2、適切に飲食する
3、あらゆる排泄経路から排泄する
4、身体の位置を動かし、またよい姿勢を保持する
5、睡眠と休息をとる
6、適当な衣類を選び、着脱する
7、衣類の調整と環境の調整により、体温を正常範囲に維持する
8、身体を清潔に保ち、身だしなみを整え、皮膚を保護する
9、環境のさまざまな危険因子を避け、また他人を傷害しないようにする
10、自分の感情、欲求、恐怖あるいは”気分”を表現して他者とコミュニケーションをもつ
11、自分の信仰に従って礼拝する
12、達成感をもたらすような仕事をする
13、遊び、あるいはさまざまな種類のレクリエーションに参加する
14、”正常”発達および健康を導くような学習をし、発見をし、あるいは好奇心を満足させる

今回は8、『身体を清潔に保ち、身だしなみを整え、皮膚を保護する』について書いていこうと思います。

 

『身体を清潔に保ち、身だしなみを整え、皮膚を保護する』のアセスメントの視点

アセスメントの視点

①皮膚や粘膜が清潔になっている

②清潔の基準が保たれている

③他人に受け入れやすい身だしなみである

 

皮膚や粘膜が清潔になっているとは?

清潔というと汚れがない状態が思い浮かびますよね。
看護において清潔とはそれだけでよいでしょうか。
まずは、皮膚の機能から考えていきましょう。

 

皮膚の機能

皮膚の機能 特徴
保護作用 外界の病原微生物、紫外線などから保護する
免疫作用 免疫・アレルギー反応を起こす
保湿作用 水分の蒸散するのを防ぐ
体温調節作用 身体の熱の放散を防ぐ
知覚作用 外界の刺激から身体を保護する
皮脂分泌 殺菌作用、皮脂膜形成してしっとりさせる
汗分泌 体温を低下させる

 

 

他人に受け入れやすい身だしなみであるとは?

他人に受け入れやすい身だしなみとは、どんな身だしなみでしょうか。
これを考えるときには、受け入れにくい身だしなみを思い浮かべるとわかりやすいと思います。

 

受け入れにくい身だしなみ

  • 服が汚れている
  • 異臭がする(排泄臭、汗臭、口臭など)
  • 季節に合わない服装をしている
  • ひげがのびている  など

 

 

充足アセスメント例文

実際に架空人物でアセスメント例文を書いてみます。

 

『皮膚や粘膜が清潔になっている』状態のアセスメント例文

対象は全身清拭を一部介助することによって拒否もなく実施することができている。
洗髪においても拒否なく実施できている。
このことから、皮膚や粘膜を清潔に保つことができていると考えられる。

 

未充足アセスメント例文

実習記録では、様々な要因から清潔を保てない未充足の人の方が多いかもしれません。
未充足のアセスメント例文も架空人物で書いていきます。

 

『皮膚や粘膜が清潔になっていない』状態のアセスメント例文

明日の手術により○○日はシャワー浴が実施できなくなることに加え、ドレーンからの排液などの汚染により感染のリスクが高くなると考えられる。
また、こういったことから皮膚や粘膜を清潔に保つことができなくなると、皮膚の機能としての体温調整作用免疫作用などが妨げられる可能性が考えられる。

尿意、便意とも自覚がなく失禁があり、オムツを使用していることから、オムツ内の皮膚や粘膜を清潔に保つことができていない状態と考えられる。
このことから、皮膚の保湿作用や保護作用が妨げられ、皮膚障害を起こすリスクが高くなると考えられる。

 

『他人に受け入れやすい身だしなみでない』状態のアセスメント例文

統合失調症Aさんの口臭が強くなったのは、歯磨きをしないことによって歯周炎が悪化しためと考えられる。
また、抗精神病薬内服による副作用の唾液分泌低下で口腔内の自浄効果が低下しているため、今後舌苔発生口臭の増強が考えられる。
そのため、他人に受け入れやすい身だしなみでなくなり、社会復帰をより困難とさせるリスクが考えられる。

 

次は、9、『環境のさまざまな危険因子を避け、また他人を傷害しないようにする』についてアセスメント例文を書いていこうと思います。

関連記事

【看護実習が楽になる】記録が進まない、やる気がしないときの対処法

ヘンダーソンアセスメント例文(1) 正常に呼吸する

ヘンダーソンアセスメント例文(2) 適切に飲食する

ヘンダーソンアセスメント例文(3) 身体の老廃物を排泄する

ヘンダーソンアセスメント例文(4)身体の位置を動かし、またよい姿勢を保持する

ヘンダーソンアセスメント例文(5)睡眠と休息をとる

ヘンダーソンアセスメント例文(6)適当な衣類を選び、着脱する

ヘンダーソンアセスメント例文(7)衣類の調整と環境の調整により、体温を正常範囲に維持する

ヘンダーソンアセスメント例文(8)身体を清潔に保ち、身だしなみを整え、皮膚を保護する

ヘンダーソンアセスメント例文(9)環境のさまざまな危険因子を避け、また他人を傷害しないようにする

ヘンダーソンアセスメント例文(10)自分の感情、欲求、恐怖あるいは”気分”を表現して他者とコミュニケーションをもつ

【看護実習が楽になる】実習中におすすめの便利な商品・時短生活応援グッズ8選

【看護実習に役立つ】心不全症状と心不全患者のアセスメント

ヘンダーソンアセスメント例文(13)遊び、あるいはさまざまな種類のレクリエーションに参加する

ヘンダーソンアセスメント例文(14)”正常”発達および健康を導くような学習をし、発見をし、あるいは好奇心を満足させる

【看護実習に役立つ】消化器癌アセスメント例文 ヘンダーソン栄養

【看護実習に役立つ】肝機能低下・肝臓癌ヘンダーソンアセスメント例文

新卒の働き方で婚期が決まる!32歳が勝負 結婚できない人できる人

【新卒看護師】希望の科でなくても やる気・モチベーションを高める方法

-アセスメント例文

Copyright© アリエルnet , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.